中古車購入における優先順位の決め方。年収500万の私が中古車選びで重要視したこと

ヴォクシー

私は44歳、男性会社員です。
家族は私の他に、妻と小学4年生の娘、それから小学2年生の息子がいます。年収は約500万円ほどです。

私は一昨年、それまで乗っていた日産のブルーバードシルフィから、トヨタのヴォクシーに買い替えを行ないました。

今回は私の体験談をふまえて、中古車買い替えを考えている方へのアドバイス等を書いていきたいと思います。参考になれば、と思います。

毎日、自動車を使うため乗りつぶす事が多い私

我が家から会社まで、私は毎日通勤で車を運転しているのですが、往復で50km以上もあるため、年間での走行距離はプライベート分も含めると約18,000km以上にもなりました。

そのため、以前の車は中古車で約8年間乗っていましたが、買い換え時には走行距離が180,000kmを超えていました。

ある日のことですが、家族で車に乗って自宅近くのスーパーに行くと、突然、スーパーの駐車場で車のエンジンがストップしてしまい、車が徐々に減速し、止まってしまったのでした。
私も家族も驚き、そして焦ってしまいましたが、駐車場にいた他のお客さんから車を押してもらい、臨時的に車を停車することはできました。

その後、スーパーの近くにあるガソリンスタンドの従業員に車の様子を見てもらったのですが、エンジンそのものを交換しなければ直らないトラブルらしく、このときはとりあえず応急処置だけしてもらい、なんとか自宅へ帰ることはできました。

もともとこの年の秋に車検の予定で、そのタイミングで車を買い替えるつもりでいたのですが、このエンジントラブルがあったのが春で、予定よりも数か月早くなってしまいました。
しかし、買い替えが決まっている状態でエンジンを取り換えるのはあまりにも損なので、このタイミングで買い替えることに決めました。

走行距離の少ない新古状態の中古車を選択

前述のとおり、毎月かなりの距離数を車で走る私にとって、高いお金を出して新車を買っても、すぐに車を乗りつぶしてしまいます。そこで、多少年式を落とすことで価格を安くし、それほど距離数の走っていない新古状態の中古車を選ぼうと決めていました。

さらに、我が家の子供たちのこれからのことを考えると、その時まで乗っていたセダンタイプの車ではゆったり乗ることができないので、広々使えくつろげるミニバンを希望しました。

私の妹の知り合いで中古車販売会社の大手「ガリバー」に勤めている方が身近にいたため、私の希望条件を伝え、あとは彼におまかせしました。
走行km数がそれほどなく、色も車種も希望どおりでも、予算に合わない車が何台もあり、決定までの時間が多少かかってしまいました。さらに、いざ、ミニバン購入のために動いてみても、最初は妻からの賛同が得られず、説得するまでにも時間がかかっていました。

我が家は今住んでいる土地を約7年前に購入し、そこに家を建てたのですが、自宅周辺は古くからの住宅街で、道路も非常に狭く、車1台通るのがやっとというほどでした。

そのため妻は、ミニバンでは車の運転がしづらいと思ったらしく、何度も私に不満をぶつけてきたのでした。
しかし、ミニバンは外見上大きく見えますが、横幅も奥行きもセダンタイプの車とそれほど変わらず、運転席が高い分、かえって運転はしやすいと妻に説明し、承諾を得たのでした。

下見が出来ない代わりに状態がよい中古車を最安値で買えました

車は業者の方の勧めもあって、トヨタ車を希望していましたが、最終的にノアとヴォクシーを比較し、ヴォクシーに決めました。
ガリバーは全国のオークションから車を仕入れ、それを販売に回すのですが、基本的に買うまでは車を下見できないのが不満なポイントでした。

しかし、車が業者へ納車され、実際に見てみると、状態も非常によく、前のオーナーさんがDVDナビやフリップダウンモニタなどを付けてくれていたため、我が家の二人の子供たちにも好評でした。

中古車購入で大切なことは優先順位

このヴォクシーは2万6000kmの走行距離数だったため私の希望通りであり、中も広く快適で買った甲斐がありました。
ローンは住宅ローンでも利用している地元の銀行にお願いし、併せて利用することで金利も低く設定していただきました。また、自動車保険は、それまで乗っていた車の時から利用している自動車保険を更新して、使うことにしました。

面倒でなければ、事前にネットで自動車保険の一括見積りをとっておき、保険の乗り換えや見直しをしておくと良いと思います。もちろん、車を持っていない方であっても、自分で一括見積りをとって相場と保険内容をしっかりチェックしておくと便利ですよ。

中古車購入は何を優先するかによって価格も変わってきます。
比較的年式も新しく、走行kmも少ないものであれば、当然価格は高くなります。そして、その中でも、ホワイトやブラックとなるとまた価格も高くなり、逆に同じような条件でも色が人気のないものであれば、価格は安くなったりもします。

私の場合、ミニバンという前提の中で、走行km数があまりないこと、色がホワイト系であることを条件として出し、年式は多少古くてもよいということで車を探しました。

年間それほど車に乗らない方なら、年式をなるべく新しくしてもいいでしょうし、走行km数がかなりあったとしても、その分価格が安くなるので購入されてもお得だと思います。

車種を選ぶ際も、もちろん好みはあるのでしょうが、どういった目的で車を運転するのかを考えれば、おのずと選考車種は絞られてくるでしょう。
あれもいい、これもいいでは選ぶ方も探してくれる業者の方も苦労してしまうので、最初からなるべくカテゴリーを絞られることをおススメします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA