私がTOYOTAのアクア(中古車)を選んだ理由。各メーカーのコンパクトカーを比較してアクアが一番好印象でした

TOYOTAのアクア
私は今年39歳の男性で、家族構成は妻、長女(13歳)、長男(8歳)の4人家族。職業は運送会社に勤めており年収は約500万円です。
中古車の購入履歴はあり今回は買い替えをした体験です。

長女が2歳の時、子育てに便利なファミリーカーが欲しくなり、中古でMAZDAのMPVを購入しました。

スライドドアがとても便利で、雨の日など子供を抱いたまま車に飛び込めるのは助かり、子供を濡らす事なくゆっくりチャイルドシートに座らせベルトを装着できて、ファミリーカーの恩恵をタップリ受けました。

また、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に3世代で旅行に行ったり、妻がママ友達と子供を連れて車1台で出かけたり、とにかく大活躍でしたが時間が経ち故障箇所も増えお金がかかるようになってきました。

今の車は燃費が良いのが当たり前になってきていますが,MPVは燃費が1L/ 6km程しか走らず経済的にも負担になり、子供達が大きくなるにつれスライドドアがだんだん煩わしく思えてきました。

自分でドアを開けシートベルトをできる歳になった子供達に、経費のかかる大きなスライドドアのファミリーカーは必要なくなり、排気量も小さく燃費が良い車が現在の我が家にあっていると感じ車を買い替える事にしました。

そこで、コンパクトカーを中古で購入することにしました。
今回は、私がコンパクトカーを選ぶ際に注意したポイントと、アドバイスを体験談をまじえて紹介します。

各メーカーのコンパクトカーを試乗してみる事に

私の現在の家計状況は、子供にかかるお金が大きくなり、食費や教育にかける費用、子供の将来の為の貯金などで新車を購入できる状況ではなく、少しでも車にかかる費用を抑えるため中古車を選択しました。

希望の車種は最低限家族が乗れて、たまに旅行に出かけられ普段は買い物メインになるので、小回りが効くコンパクトカーが選択肢にあがり、妻がデザインに惚れ込んだTOYOTAのアクアを探す事になりました。

実際に購入する前にどんな車か乗ってみたくなり、現行車種なのでどこかのディーラーに試乗車がないか探し、少し遠くのディーラーまで試乗しに行ってきました。

久しぶりにMPV以外の車に乗った事もあり、今の車はこんなにスムーズで静かなんだと感心して、排気量の小ささを感じさせないパワーにも驚き感心しました。

内装もTOYOTAらしい質感を重視した作りで、気持ちが落ち着き穏やかになる印象を持ち、不満な点が見つからずこちらにも感心しました。

しかし逆に他のメーカーのコンパクトカーも見たくなり、現行型の試乗できる車種を探し、HONDAのフィットとMAZDAのデミオ、TOYOTAのヴィッツを試乗してきました。

HONDAのフィットは妻の好みではなかったのですが、乗ってみて比較したく試乗しましたが、内装が好みではなく動き出す前からネガティブな印象を持ってしまい、走り出してからもアクアに乗った時のようなインパクトはなく、今回は選択肢から外れました。

次にMAZDAのデミオですが、私の好みで試乗をとても楽しみにしていました。

デザインも最近のMAZDAは目を見張るものがあり、街中で二度見してしまう車はMAZDAの車が多く、CMでもカッコ良く演出していて興味を引きました。

圧巻のディーゼルエンジンは「うわっ!」と声が出てしまうほどパワフルでスムーズな加速に魅了されてしまい、正直アクア以上のインパクトを感じ私は第一候補に挙げたのですが、妻も車を使うため一存では決められず、妻の好みはアクアだった事とデミオがまだ出たばかりで中古車の台数があまりないことから選択肢から外れてしまいました。

次にTOYOTAのヴィッツですが、デザインも良く乗った感じも良かったのですが、優等生といった感じで魅力を感じずアクアを超えることはありませんでした。

しかしアクアの良さを再認識できたことで、3車種の試乗はとても意味があり、少しでも状態のいいアクアを探す原動力になりました。

アクアは人気車種なので中古車を探すのは大変でした

中古車雑誌を買いあさり、インターネットで道外の車をチェックしたり、知り合いの車屋さんでオークション状況を聞いたり、様々な方法で探しました。

やはり希望は走行距離が少なく、年式が新しくて綺麗な車を探していて、妻の強い希望がパールホワイトの車が良いということで、市内に2台希望に合う車を見つける事が出来ました。

この2台は、中古車情報サイトの「カーセンサー」を利用して、地域別・車種別の在庫検索を利用して見つけました。

やはりネットの情報量が一番多く、カーセンサーは車種別、地域別に探せるので便利でした。中古車屋さんのユーザー評価も見れるので、ハズレの中古車屋さんに当たらないように、そちらもチェックしました。

2台とも市内の中古車屋さんが所有している車で、1台が走行距離9,000kmの170万円の車両ともう一台が走行距離17,000kmで158万円の車両でした。

どちらも綺麗な車で妻も悩んでいましたが、後者の158万円の車を売っている中古車屋さんがとても言い方で、アフターフォローもしっかりしていて値引きもしてもらえるという事で、後者に決めました。

当初の予算は120万円ぐらいでしたが、納得いく買い物ができたので少しオーバーしましたが頑張って支払っていく事にしました。

36回均等払いで購入し、借り入れはマイホームローンでお世話になっている北洋銀行のマイカーローンを利用しました。

傷や汚れはありますが、故障もなく満足しました

中古車なので使用していくうちに気づかなかった傷や、汚れを確認しがっかりしましたが、車の動力関係の不良はなかったので、それだけでも良しとします。
逆に年式も新しく知人からは新車と思われるほどで、「中古車です」というたびに優越感に浸ってます。

総合的にとても満足していて、最近の車は本当に性能が良く、優れた燃費や乗り心地に中古車である事を忘れてしまうほど満足しています。

これから中古車を考えるなら、グレードや走行距離よりも、とにかく新しい年式の車がを選ぶ方が、素晴らしい日本の車メーカーの技術を体感できて満足感も高いと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA