スズキのジムニー660ccを中古車で安く購入出来た理由とメンテナンスの注意点。退職後の足としてジムニーはオススメです

ジムニー660cc

私は現在、60歳、男性です。家族は配偶者と結婚した娘がいますが、既に離れた遠隔地で家庭を持っています。
仕事は8年前まで金融機関に勤務していましたが、52歳で早期退職して今日まで再就職せず無職です。年金支給日までは自分の過去の蓄えで今日まで暮らしています。配偶者は多少の収入がありますが基本、食費等を除き別家計です。

したがって車の購入については私の収入がなく、それほど過去の蓄えも豊かでないので、働いていた時は全て新車からの購入でしたが、退職を機に経費節約もかねて人生初めて中古車に乗り換える決心をしました。

私は車にそれほどこだわりがないタイプなので、新車で購入すればそれほど頻繁に乗り換えるタイプでなく結構長期間乗り継いで、一台で総走行距離10万キロ以上乗ればそろそろ変え時かなという感じで乗り継いできました。

ただひとつだけ乗り換えに関してのこだわりがあったのは、30歳代から始めた釣り、夏は鮎釣り、冬は磯釣りが中心ですが、多くの釣りの道具を積むのと、夏に鮎釣りのため川の深い砂利をかき分けて川岸までたどり着く高い走破性の車が必要でした。

そのため、そのようなタイプの車を何代か取り次いで、中古車にたどり着いた時も、結局購入したのはスズキのジムニー660ccでした。

今から約6年前に購入しました。購入時の状態は新車登録から約7年位ほど経過していて、メーターの総走行距離は57,000キロメートル位だったと記憶しています。

ネットで市内の中古車販売店を探すのが一番効率的でした

当初は自宅の近くで中古車を探すことも検討したのですが、何分田舎に住んでいてたくさんの中古ショップもあるわけでなく、さらにあっても規模が小さい車の修理屋を兼ねたようなショップばかりだったので、まず信頼性に欠けました。

しかも交渉すればどうしても商売根性丸出しで売り込まれそうな気がしたので、最初から試しに数軒回っただけで嫌気がさして早々とこのルートでの購入方法を断念しました。

そして新たに考え出したのがインターネットを通じて中古車を探す方法でした。その理由を書く前に契機となる一つの体験がありました。

そもそも中古車を買う前に元の所有車の処分を考えねばなりませんでした。
年式から考えればほとんどただ同然の価格であることは理解できましたが、それでも購入と別建てで売却していくばくかの現金を手にした話も聞いていたので、ネットを通じて大手買取業者Gに買い取り査定を取ってみたのです。

しかし結論から言えば幻滅だけでした。
リアクションはしてはくれましたが、途中から興味をなくしたのか、こちらが連絡入れても無しのつぶてになりました。そこには商売における誠実などという言葉は微塵もありませんでした。

そして二度とこういう業者とは接点を持たないと決意したわけです。Gは現在もテレビで派手に宣伝している大手業者ですが、その裏側を見たような気がしました。

それを契機として、企業の知名度を信頼するのではなく、ユーザー評価や口コミをなるべく頼りにしよう、と思いユーザー評価の見れる中古車情報サイト経由で探していく話になるのです。

私が利用したのはカーセンサーです。カーセンサーは中古車販売店のユーザー評価や口コミが見れるだけでなく、カーセンサー自体がカーセンサー認定という第三者の検査機関による中古車の状態チェックをしているので、ハズレを掴む心配がありません。
もちろん、カーセンサーに登録している中古車販売店のモラルはそれぞれですから、ユーザー評価を見ながら吟味する必要があります。

さて、最初は全国にゾーンを広げて車の候補を見つけようとしました。

たしかにネットの世界は広く、小さい田舎の範囲で中古車を探すのと比べれば、その在庫数は無尽蔵に近いものでした。
条件付きで検索してみればどんな角度からでも中古車が見つかりました。でも最後に決めた要素はやはり自分が直接出向いてその車をチェックできるというポイントでした。
カーセンサーの検索は、地域ごとに細かく検索項目を分けられるので、市内の中古車販売店を見つけるのは容易でした。

幸いに自宅から1時間30分圏内にその中古車候補が見つかりました。

探し当てた中古車販売店は口コミ通り優良でした

トヨタ系列の販売店でした。
県内にたくさん販売店を持っている会社なので信用度は高い会社の一つです。

中古車のポイントはスズキのジムニーであること、年式があまり古くないこと、色はあまりこだわらないのでごくありきたりでいいこと、走行距離は5万キロから7万キロ以内、価格は70万円から80万円くらいが予算でした。

自ら出かけて行って何度か交渉をしました。
幸いインターネットで元の所有車の査定もだいたいわかっていたのでその知識をもとに、ジムニーを購入することを前提にできるだけ高く査定して引き取ってもらう交渉も同時に行いました。結構交渉は強気にやったつもりです。

相手はオーナーだけの小さな中古ショップでなかったので、逆に安心感が増して割と強気に交渉できました。
そして相手もさすが大手の販売店、最後まで丁寧に誠実に対応してくれました。カーセンサーでの販売店に対する口コミが良かったのも納得です。

引き取り価格もまずまずだったし、中古車の購入価格も予定した予算の範囲内でした。チェックの結果、中古車の外観も良好でした。さらに中古車ですから、これから壊れることもあるでしょうけど、やはりアフターフォローを考えると、これぐらいのレベルの会社でないと信頼感に欠けますので、その点も含めて最終、この車の購入を決定したわけです。

購入は現金一括払いです。昔から金融機関に勤めていてローンの怖さも知っているので、常に現金払いを心がけてきました。自動車保険は、同じくカーセンサーにて事前に一括ネット見積もりで調べておいたのですが、それと比較してもショップで提示された保険は安かったので同時にこのショップでお願いしました。

こちらは対人対物を無制限にするだけで後は特にこだわりはありませんでした。少しでも保険料を安くするため、車の運転手は家族のみとしました。どうせほとんどが私しか運転しませんのでそれでよかったと思います。

乗り心地には満足!でもエンジンオイルの交換で失敗してしまいました。

ただ今日まで利用してきて一つだけ後悔があります。
じつは2年ほど前にこのジムニーの搭載エンジンをパーにしてしまいました。原因はエンジンオイルの交換を長期間怠っていたからです。この点にあまり認識がなくて、2年ごとの車検で自動車さんから言われたら交換したらいいくらいに思っていましたが、それがとんでもない思い違いで、じつは3,000キロから5,000キロぐらいの走行距離ごとに交換しなければならなかったのです。

それをおよそ1万数千キロも交換を無視して乗り続けていたものですから、気が付いた時にはエンジンが焼き切れてしまっていて、走るのがやっとの状態になっていました。

当初購入した販売店に相談したらエンジン本体を交換するしかないという情けない結論でした。エンジン交換には新品のエンジンの搭載、他の中古ジムニーのエンジンの搭載、など3つ位の選択肢がありましたが、ほぼ新品に近いけど他の中古ジムニーから取り出したエンジンの搭載で落ち着きました。

価格は40万円近くになりました。大変高い勉強代につきましたが、以後はちゃんと管理台帳を作って5,000キロ毎に確実にエンジンオイルを交換しています。エンジン交換後の乗りごこちは以前と変わりありません。

新車ばかり乗っていたころは中古車には多少の嫌悪感もありましたが、いざ乗ってみるとそれなりに利用価値は高いと思っています。エンジン本体の交換というのは私のミスなのでそれを特殊要因とすれば、中古車の利用は価格パフォーマンスからしてそれほど悪くはないというのが私の結論です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA