中古車のフィット(平成23年式、走行距離4万キロ)を65万円という安い値段で購入出来ました。安く買えた理由と購入の流れについて

ダウンロード (4)

私の経歴・年収など:47歳女性、夫と二人暮らし、自営業、年収:200万前後

ホンダのフィットDBA-GD1、平成18年式、走行距離14万キロ、に8年ほど乗っていました。
プラグコイルなど電装系が故障しだし、見積もりを取ってもらうと、5万円以上となり、車検も近づいてきたので、乗り換えを考えました。

結果として、ホンダのフィット、GE6、平成23年式、走行距離4万キロ、65万円で一括払いで購入し、乗り換えました。

新車はもったいないですし、中古車なら乗りつぶすつもりで、乗れます。
またぶつけてしまったり、擦り傷を付けてしまうことが多いので、新車はやはり気を遣います。それに価格がやはり違ってきます。新車ですとどうしてもローン払いになってしまいます。

ローンでも良いですが、やはり支払いが続いているのに、いつ事故をするか分かりませんし、ぶつけて修理が費用になるかも分からないというのは、リスクが高く感じます。

友人は、新車で長期ローンを組み、自損事故で廃車にしました。
現物の車が無い状態で、ローンだけを延々と払い続けていました。この様な状況だけは陥りたくないので、車だけは何があるか分からないので、中古車で一括払いを選んでいます。

今回は、私が中古車のホンダ、フィット(平成23年式、走行距離4万キロ)を65万円で購入した時の体験談、流れを紹介しますので、ぜひ中古車購入の参考にして下さい。

フィット購入までの流れ(車種選び、販売店選び)

購入するまでの流れですが、比較的大きな中古車店でいろんな車種を見比べてみました。
ボディータイプは決まっていましたので、ボディータイプから絞り込んでいきました。

私は、同じ、コンパクトタイプのハッチバックと決めていました。そうするとどうしても、デザインの良さ、値段、居住性、シートレイアウト性などから、ホンダのフィットにたどりつきました。

今度は新しい型の、フィット2、にしようと運転席などに乗った時のフィーリングを感じるようにしました。他の車種とも乗り比べているうちに、フィット2にすると決意が強まり、車種は決定になりました。

やっぱりホンダが好きなんだなと思いました。自分の感性や好きだと思うものを優先して選ぶのは、やっぱり後になってからも、その車に愛着を持ち続ける点で大事な部分だと思います。

フィットを65万円という安い値段で買えた理由

問題になったのは、店頭価格の値段です。

実はもう少し安いと思っていたのに、予算よりかなり高めでした。家に帰ってからインターネットで相場を調べていると、もう少し安くあるということが分かりました。
大きな中古車店で品揃えは良かったのですが、少し値段設定が高いということが分かりました。

色々、ネットで調べていくうちに、ヤフーオークションでも業者が出品していることが分かりました。店を持たずに、ガレージだけで、業者のオークションから仕入れたものを、お安く販売するというのが売りのようです。

現車確認も出来ますし、しっかりとした会社で住所電話番号もも記載されています。修理歴なども管理システムからの転記がなされていて、信頼の出来る情報が盛りだくさんでした。しかも、近くの中古車店より10万円から25万円安い値段設定です。好きな色も豊富にあります。

それで少し遠かったのですが、連絡して、現車確認に行きました。
一人のスタッフがしっかりと丁寧に対応して下さり、試乗もさせてもらいました。諸経費に関して車庫証明や名義変更など自分でやってみると交渉してみると、あっさりとOKでした。これで、諸経費が5,6万円安くなりました。

修復歴無しということもあって、あまりにも条件が良かったので、商談成立し、後日、取りに行きました。結果大成功だったと思います。好きな色、近くの中古車店より25万円以上安く、程度も良いものでした。

中古車店はいつでも来店した時、現車確認ができ、品揃えも豊富ですが、その分、維持経費がかかります。
その分、どうしても価格に反映されていくと思います。ネットで紹介されている、店舗を持たない業者は、その経費がかからない分、価格に反映されて、購入者はお得になるのだと思いました。

ネットで情報を集め、現車確認して中古車を買うというシステムも、選択肢の一つになってきていると思います。

注意点として、信頼の置ける業者かどうかを見分ける必要もあります。まずは、修復歴の記載ですが、業者のオークションでは管理システムに修復歴が記録されるようです。

ですから、そのような記録をしっかり公開しているか、その書類も見せてくれるか、修復箇所がはっきりしているか、を確認出来るようにしているのは良心的な業者のようです。

また、時々、走行不明車と記載があるものがありますが、車検書には走行距離が記載されています。不明ということはその記載と、メーターの距離数にズレがあるということですので、何かおかしいと思われます。

メーターパネル交換とオークションでは管理システムにあるのかもしれません。こうしたところを見分けて消去法でいけば、良い業者に行き着くと思います。

ただ、オークションなどは不確定要素が高く、悪質な業者も混じっているようなので、初心者のかたは中古車情報サイトの『カーセンサー』などで、ユーザー評価の良いお店や、カーセンサー認定という第三者の検査業者から認定を受けている中古車を選ぶほうが安全だと思います。

さて、アフターケアーが心配となるかもしれませんが、ディーラーと上手く付き合うことで事足りると思います。
オイル交換もディーラーで定期的にしていると、整備の記録の書類となりますし、ディーラーも次、新車を購入してくれるお得意様のようにサービスを良くしてくれます。

修理する時も、値引きをしてくれたり、無料で交換してくれるようにもなります。購入した中古車店に修理依頼をしても、結局、ディーラーに委託することが多いですから、割高になることが多いです。

保険ですが、私はとにかく価格と補償で決めています。どちらかというと価格優先です。
こちらは「カーセンサー」のネット一括見積もりをして、一番安い保険会社にしました。

最近はどこもロードサービスは付いていますし、品質の点で同じような感じだと思いますので、一番最安値というこだわりを持って契約しています。

私が思う中古車の損な所、得な所

中古車購入で損だと思うところは、やはり不具合が出る時です。
ちょうど5年ぐらいからその車特有の癖や故障が出始めます。ちょうどその時に乗り始めますので、その故障や消耗品を乗り越えなければならないのは仕方ないことです。

得なところは、やはり経済的に楽なところです。ローンを組まなくてもいい、ローン払いにしても少なくてすむというところです。

やはり車は中古車を乗り継いでいくのがお得で、何かあった時も安心だと思います。

今回はオークションで無店舗販売の中古車を購入したため、相場より20万ほど安くなりましたが、万人にオススメする方法ではないので、あくまで選択肢の一つとして参考にして下さいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA