年収200万の私が初めて自動車を購入する時に中古車を選んだ理由。ダイハツのミラを買ったら価値観が変わりました

ダイハツミラ
26歳男性、一人暮らしです。職業はスーパーの飲料部門で販売や陳列、管理作業を行っております。
年収は200万程度です。

22歳の頃、ダイハツのミラを中古で購入しました。
もともとあまり車に関心がなく、免許の取得も21歳になってから、と時期的には遅めです。

車の知識もなく、購入自体が初めてだったので勝手がわからず、どの車がコストパフォーマンスがいいのか、性能がいいのか、といったことは全く考えていませんでした。

たまたま家の近所にあるダイハツの中で、お値打ちなものを「お試し」感覚で乗ってみようと思い、購入してみました。

今回は、私がなぜ初めての自動車購入で中古車を選んだのか、体験談を元に流れを含めて紹介します。

車を購入しようと考えたきっかけは、当時、私が勤めていた職場が電車→バスという非常にわずらわしい通勤手段だったことです。
片道だけでも軽く1時間以上はかかってしまい、電車に乗り遅れてしまうと、次の電車まで時間がかかる(時間が調整しづらい)こともあり、時間的に融通のきく車に憧れていたことも、理由の一つです。

その時分、ドライブや旅行などで車を使いたい、といった考えは、あまり頭にありませんでした。
私は自動車教習所を卒業できたとはいえ、成績があまり芳しくなかったので車の運転に自信がなく、「通勤にだけ使えば事故に遭うことも少ないだろう」という考え方をしていました。

そんな状態でしたので、生まれて初めての車選びも、あまり感動がなかったと記憶しています。

「初心者でも乗りやすくお値打ちな車を」というニーズに対して、店員さんは熱心に新古車や様々な車をおすすめしてくれましたが、どれもピンと来るものはありませんでした。
最終的にミラに決めたのは、やはり価格。

目立つキズもなく、見た目もそれなりにしっかりしていると思い、この車に興味を持ちました。
車検までに日数はそれなりにあり、15万円という非常にリーズナブルな価格が決定打です。
走行距離が少しあったようですが(おそらく7,8万kmほどありました)、動作については店員さんが安全性を保証していただいたので、それなら大丈夫かなと思い、購入に至りました。

価格が安かったので貯金を切り崩し、一括の現金で支払いました。
車というものにさほど興味がなかったので、長々とローンで支払うのを何となくわずらわしく感じていたからです。
同時に、ダイハツにて自賠責などの保険も加入しました。

中古車が初めての車なのであまり比較はできませんが、いざ乗ってみると、世界が変わったような心地がしました。
当初は通勤だけの利用を考えていたものの、ドライブや気分転換など、車に乗る機会をできるだけ作り、ちょっとそこまで・・・という距離のコンビニに行くだけでも、ついつい車を動かしてしまうほどです。

旅行にもダイハツのミラにしっかりとガソリンを入れた上で、高速をグーンと飛ばして遊びに行ったことを思い出します。
多少県が違っても、車ならば簡単に、自分の気持ち次第で行けることに、非常に魅力を感じています。
とにかく、車を入手したおかげで行動範囲が広がり、心なしかインドア派からアウトドア派になりつつありました。

もちろん通勤にも車をしっかりと毎朝毎夕利用しており、自分の行きやすい運転ルートや、帰りのより道などを探すことが楽しみになりました。
冬季に地面が凍ってしまい、スリップの危険性があった時期以外は、ほぼ車のみで通勤しました。

ただ、どうしても気になる箇所(ドアの立てつけがあまりよくない、ブレーキのききが少し悪い、給油口が開けにくい・・・など)があり、お店で簡単に選んだだけでは把握しきれなかった部分です。

購入の際に、自分が今後乗ることも考えて詳しく聞いたり、試乗してみるなどの行動をすればよかったのですが、これは後の祭りです。
高い買い物なのですから、走行距離や車検までの日数だけでなく、もう少し慎重にいろいろと調べてみるべきだったかな、と後悔していました。
私の車好きな友人の体験談を聞いていると、お店の人と深いところまで話していると、いろいろ有益な情報を提供してくれた、といった会話をよく聞きます。

私が中古車にこだわった理由は、やはり安価に購入できることです。
これはやはり中古車を選ぶメリットだといえます。

特に免許をとって初めての場合、不安や心配もあるかと思われるので、こういった中古で肩慣らしすることも方法の一つです。
後々事故になってしまうと、思わぬ不利益や厄介ごとに巻き込まれる危険性もあるので、最初は中古車から始めてみてはいかがでしょうか。

ただその際も、自分がこだわりの車種や色、実際に運転していく中で、ここは絶対にこうあってほしい!というポイントを、予算とともに整理しておくことをお勧めします。

やはり今後何年も使用していきますし、間違いなく大きな買い物となります。
車に関する情報をネットで調べたり、お店で試乗させてもらうなど、しっかりと時間をかけて決めましょう。
いい車との出会いは、素晴らしい友との出会いだと、実際に車を乗った私は痛感しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA