釣りや登山、車中泊が出来る軽自動車のオススメはダイハツのウェイク!室内の広さは車中泊も着替えも余裕です

ダウンロード (6)

釣りや登山、長距離ドライブを楽しむユーザーにとって、室内の広さは重要なキーポイントになります。

道具を積むにしても、車中泊をするにしても、室内が狭いと使い心地はイマイチになってしまうもの。制限のある軽自動車ならなおさらで、長い間、軽自動車に室内の広さを求めるのはナンセンスとされてきました。

車高を高くすれば、室内は広くなりますが、そうすると風の影響を受けやすくなり走行安定性が落ちます。そのため、自動車業界はこのジレンマに悩まされてきました。

しかし、そこで軽自動車とは思えない室内の広さプラス安定性を実現したのがダイハツのウェイクです。

今回は、釣りや登山にオススメの軽自動車として、ウェイクをピックアップしたいと思います。

2014年11月に登場した広さ重視の軽自動車

ウェイクは2014年の11月に登場して以来、軽自動車の中でも一気に人気車種に躍り出た車種です。
同社のタントに比べて、更に車高を85mm高くした1835mmを実現。室内高は1455mmと軽自動車の中でもトップクラスの高さです。

JON000028

写真を見ても、その室内の広さが分かりますね。

そのため、子供が車内で立っても問題ないレベルで天井が高くなり、アウトドアグッズを積み込むのも非常に楽になりました。
釣り具や登山具、キャンプセットにバーベキューセットなど、何を乗せるにも嬉しい広さです。

JON000024

荷物がたくさん入ります。写真では伝わりにくいですが、現物は驚くほど広い…!

車高が高いため、ハンドリングが悪く、女性など車に乗り慣れていないユーザーには不向きかと思いきや、ハンドリングや乗り心地は良好。その理由は、外板の樹脂化や軽量化といった企業努力です。

ウェイクは操縦の安定性を保ちつつ室内の圧倒的なスペースを生み出しており、また視界も良く狭い路地でもスイスイ運転出来ます。軽自動車の良い点を残したまま巨大スペースを確保した軽自動車界のエリートといっても過言ではないでしょう。

JON000026

ハンドリングしやすい! さらに助手席にはユーザーの使いやすさを重視した大型インパネトレイがついています。

後部座席用の格納式リヤドアサンシェートもバッチリ装備!真夏の太陽光もガード出来るので、夏のドライブも問題ありません。

登山や釣りを好むユーザーは、家族と一緒に楽しむことも多いですね。しかし、揺れが激しい長距離ドライブは子供の乗り物酔いが気がかりです。
やはり、性能として注意すべきはピッチングです。

※ピッキングとは
ピッチングとはブレーキをかけた時に前のめりになる挙動。

乗り物酔いにも影響。

ウェイクはウレタン製のバンプスプリングのバネ性能が高く、ピッチングはおさえられています。実際に筆者も乗ってみましたが、乗り心地は◎。
ホイールベースが短くピッチングが起こりやすい軽自動車の中でも、ウェイクは優秀と言えるでしょう。

さらに”SA”とついたグレードには衝突軽減ブレーキのスマートストップが搭載されており、安全性を高めるのに一役買っています。
サイドエアバッグをオプションでつければ、安全面はバッチリでしょう。

また、自転車も乗せる事ができるので、サイクリングを楽しむ人にも向いています。
自営業で、荷物をイベント会場などに運ぶ人にも重宝されますし、室内の広さはあらゆる場面で役に立ってくれますよ。

ウルトラスペースと言われる室内高の広さと、軽自動車のお手軽さ。この二点がウェイクの最大の売りと言えるでしょう。

ウェイクの弱点、デメリットについて

そんなウェイクですが、やっぱり厳しいのが価格。
ここまでの室内の広さを実現した軽自動車は他に無く、ライバルが少ないため価格相場は高値で安定しています。中古でも100万を切るのはいつになるのやら、といった状況で、人気車種の一つになっています。

また、オプション価格が高いのもウェイクの弱点の一つ。
ラゲッジボードは2万以上、アウトドア用にカスタム出来るだけあって、初期装備にお金のかかる軽自動車と言えるでしょう。

さらに、一番辛いのが、運転席を調整するシートリフター、ハンドルの高さを調整するチルトステアリングが標準では装備されていない事です。

これじゃ、座高が低い人、高い人によって運転のしやすさが落ちる可能性がありますよね。

高さの調整を可能にするには、有料オプションである『ドライビングサポートパック』をつけないといけません。
オプション価格は、12000円前後ですから、出来れば購入時に値引きの材料にしたいところです。

注意:この運転席の高さ・ハンドルの高さを調整するためのドライビングサポートパックは、上位グレードであるXグレードやGグレードにしか装備できません。

下位グレードを購入する際はあらかじめ運転席とハンドルの高さをチェックして、そのままでもいけるか否か、調べておきましょう。

クッションなどで調整する人もいますが、やはりシートリフターは標準装備で欲しいですよね……泣
とはいえ、ウェイクは人気車種なので、中古で状態がよく、安いものは、あっという間に売り切れてしまうので、定期的にカーセンサーなどの中古車情報サイトで販売状況をチェックしておきましょう。

また、特にアウトドア趣味がない独り身のユーザーは、空間を持て余してしまうかも。
ウェイクは中古車でも価格相場が高めなので、お値段以上の使い勝手を求めるなら、自分がこの広い室内空間を活かせるかどうか考えてから購入をしましょう。

ライバル車について

ウェイクのライバルとなるのは、ホンダのN-BOX+でしょう。N-BOX+と比較すると、室内高はN-BOX+が1400mm、ウェイクが1455mmとウェイクの方が広い事が分かります。

しかし、価格相場はN-BOX+の方が安い事が多いので、値段重視ならN-BOX+を選択しましょう。

また、SUZUKIのハスラーもアウトドア用の軽自動車としては選択肢に入ります。

室内高は1250mmと少々天井が低めですが、こちらは2015年5月にマイナーチェンジを行ったため、ノンターボ車にSエネチャージがついており燃費が格段に良いです。

そのため、ウェイクに比べると、このマイナーチェンジ版のハスラー(ノンターボ車)は燃費の面においてウェイクを上回ります。

・ノンターボ車 燃費比較
ウェイク:25.4km/L
ハスラー(Sエネチャージ搭載版):32.0km/L

・ターボ車 燃費比較
ウェイク:23.8km/L
ハスラー:26.8km/L

ノンターボ車であれば、約6km差でハスラーの圧勝ですね。

1日1000km前後、自動車を運転する方なら、1ヶ月で1000円前後、ガソリン代に差が出ます。なので、室内高はちょっと低くてもいいから、燃費を安くしたい人は、SUZUKIのハスラーを選びましょう。

必ずSエネチャージがついている2015年5月以降のマイナーチェンジ版かどうか、チェックしてくださいね。

ファミリー世代、アウトドア派のユーザーに人気のスーパーハイトクラス。

とにかく荷物をたくさん積めるか、室内を広く使えるかを各社競っていますから、購入時には「自分がどれくらいの室内高を求めているか」という点と、予算に合わせて比較して車種を決めましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA