中古車でオープンカーBMW「Z3」を購入した感想。外車だから維持費はかかるがドライブの乗り心地は最高です

ダウンロード (10)
私は、31歳・男性、既婚で妻と二人です。メーカーに勤務しており、年収600万円です。
さて、これまで車2台乗ってきて、2台とも中古車を購入しました。今回は2台目の車を購入した時の話をします。

中古車に対して、もともとあまり抵抗はありませんでした。また神奈川県内に住んでおり仕事は電車通勤です。車に乗るのは完全に土日のみで、レクリエーションとして車を乗っています。

また、飽き性なので同じ車をずっと乗り続けるつもりは最初からありませんでしたし、何より人と同じような車には乗りたくない、乗るなら個性的な車に乗りたい、と考えていました。

その時に乗っていたのは、三菱自動車のランサーセディアワゴン。
あまり周囲に乗っている人が少なく、またターボもついているスポーティな車でした。

大手の中古車チェーン店に行って、車体価格が大体70万円の車を購入しました。そのまま2年が過ぎ、車検が切れる間際になり、「このまま10数万円払って車検を通すか…」と悩んでいました。

しかし、もともと中古車でしたし、そこまで高いものではなかったので、いっそのこと車を買い替えようと思いました。
次の車は、だいたい予算として乗り出し価格が100万円前後の車を検討しました。

やはりスポーティで、周りの人が乗っていない車を探すため、あとは中古車屋を巡って、実際に車を見て決めるつもりで出かけました。1台目を購入した大手中古車屋、スポーティということでスバル車専用の中古車屋など3軒くらい見て回りましたが、いまいちパッとする車に出会えませんでした。

たまたま家の近所にあったのが、10年落ち前後の外車を専門に扱う中古車屋でした。そこで、運命の車に出会いました。もともと車が大好き!というタイプではありませんでしたが、ランサーの乗車経験から加速の心地よさやスポーティな走りに惹かれていたのは事実です。

一目見て気に入ったのがBMWのZ3という10年落ちのオープンカー。走行距離は5万キロくらいでした。色はシルバーでしたが、なんといってもBMW特有の豚の鼻のようなフロント。野太いエンジン音。オープンカーという完全に趣味で乗る車。

車体が低く、体感スピードがとても速く感じられる車にすぐに惹かれました。BMWのキャッチフレーズである「駆けぬける喜び」を、まさしく感じることができました。

しばらく試乗をさせてもらい、その後、カーセンサーで最安かつ状態の良いZ3の在庫をチェックして、市内の中古車屋にて購入を決めました。一括払いで車検を付けてもらい、ぴったり60万円で購入できました。

一応念のため、同車種の中古車の相場を確認しましたが、妥当なところでした。その時乗っていたランサーセディアワゴンは無料で処分をしてもらいました。

外車で10年落ちになると、値段がつかないと知ることができました。
自動車保険については、知り合いが働いているという理由で、大手の損保に加入していましたが、やはり高かったです。

人間関係を無視して、ネット系の保険に入っていたらもっと安く入れたと後悔しています。

BMWのZ3という外車かつ中古車を買って、まず損をしたと思ったことは「とにかく維持費がかかる」ということです。
バッテリー交換で、外国用のバッテリーじゃないとダメと言われて、5万円。オープンカーの幌が破けてしまい、雨漏りが発生し、交換に10万円。タイヤも、もともとすり減っていて交換に6万円。

・・・というように乗っているうちにあれこれガタが来てその度ごとにお金が必要となりました。

逆に買ってよかった、得したと思ったことは、乗っていて楽しいと心から思える車に出会えたことです。乗り心地が最高で、初夏に長野の白樺ドライブにいったときは幌を全開にして走り、最高に気持ちよかったです。

また秋ごろに湘南の海岸沿いを走った時には、「この車買ってよかったな」と心から思えました。そして、車のことをたくさん学ぶことができました。整備工場併設の中古車屋だったので、車の整備についてもお店の人から色々教えてもらいました。

中古車についてはお店の人も、本当に車好きなのだなと思わせる人で、対応を良かったです。そして、やっておいたほうがいいと思ったのは、しっかり試乗して車の状態を確認することと、購入時にその車の相場を調べること。

中古車は、一台一台が異なるものといいます。もうひとつとして、中古車を扱うお店も個性があることを知っておくことです。
私がBMWのZ3を購入したのは、手ごろな外国車を扱う中古車屋です。スバル車の中古車専門店や軽自動車の専門店などもありました。

常時何百台もの中古車を展示するお店は、お店の維持費も高いので、その分車体価格が高めと聞きます。

お店にも特徴があることを理解しましょう。私がそもそも駐車場代が高い、維持費がかかる車を都市部でもつことはかなりの贅沢です。新車で車を買うと何百万円もします。

車に乗るために、少しはハードルが低いのが中古車ではないのでしょうか。充実したカーライフを送るために、まずは中古車から始めるが一番だと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA