中古車の購入で必ずチェックしておくべき試乗のポイント。希望車種の乗り心地比較をしよう

希望車種や予算も決まって、いざ自動車を購入するぞ! …とその前に、必ずやっておくべきことがあります。

それが試乗です。

試乗は、販売店などで行われており、見積書をもらう際などに必ず行うものです。
試乗をしないと、いざ自動車の運転となった時に

「思ったより視界が狭い」
「なんだかしっくりこない」
「パワーが足りない気がする」

などなど、特に乗り心地の面で不満が出てくるものです。

車種によって乗り心地や視界、パワーなどは異なりますから、試乗なしで新しい車種に手を出すのは危険です。

今回は試乗でチェックすべきポイントについて紹介します。

運転席から見える前後左右の視界

運転に最も大きな影響を与えるのは視界です。
視界は、実際に運転席に座って運転してみないと、見心地がわからないもの。

人気車種だからといって、視界が必ずしもあなたにあっているとは限りません。

車庫入れや事故を防ぐには、目視が一番大事ですから、まず自分の目で使いやすいかどうか、視界をしっかり確かめましょう。

また、同時に運転席の座り心地や、シートの前後の調整が可能かどうかもチェックしておきましょう。

スイッチやシフトレバーの使い勝手

スイッチやシフトレバーなど、動作に必要なハンドル周りの機器は車種によって使い勝手が違います。
使い続けていればなれるものですが、どうしても好みに合わない場合もあるので、そこの使い勝手も試乗でチェックしておくべきです。

スイッチの配置はメーカーが変わると、場所がかなり変わるので注意が必要です。

後席の広さや座り心地

後席もしっかり座って、広さや乗り心地をチェックしましょう。
特に頭上や足元、後ろにもたれた時の具合を確かめておきましょう。

特に軽自動車は、最近は広さにこだわった車種が多く出ています。
ダイハツのウェイクやタント、スズキのハスラーなど車内空間を広くとっている車種もあるので、要チェックです。

乗り降りの簡単さ

車に乗る際に、子供を抱えていたり、お年寄りの方が乗りやすいかどうかも要チェック。

ドアの開け方一つとっても、各メーカー工夫の仕方が違います。自分だけでなく車を利用する人のことを想像して、使いやすい車種を探しましょう。

走行のチェックポイント

走行では、エンジンの性能や加速力をチェックしましょう。
アクセルペダルの重さや、ブレーキの効き具合、ハンドリング性能などは試乗しないとわかりません。
ほかにも騒音、車庫入れなどをして、車幅が大きすぎないか、小回りは効くか、など総合的な車の動きをチェックしましょう。

なるべく複数の車を同日に試乗しよう

試乗をする時は、連休などを利用して希望車種に同日に試乗して乗り心地を比較するのがお勧めです。
試乗した感想や不満点をメモしておき、購入時の相談や値引き交渉などに使ってみましょう。

家族で使う車は、できるだけ家族全員で試乗しに行くと、より具体的に使い勝手がわかります。

自動車は返品出来ませんから、しっかり自分にあった車種を選びましょう。
周りの評判だけで決めるのはNGですよ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA