シボレーのアストロがマンションの駐車場に入らず買い替え!中古でアルファードを購入しました

182455

私は、30歳男性の会社員です。約2年半前に現在の車に買い替えを行いました。

車の買い替え自体は、過去に新車で購入をしましたが、その後は乗換が多く、中古車で買い替えを数回していました。

今回、買い替えのきっかけとなったのは、結婚を機に引っ越すことが決定したためです。マンション購入をすることになったため、都内のマンションの駐車場は国産車を基準に作られていることが多く、当時所有していたシボレーのアストロはサイズからして駐車場へ入れることができないため、買い替えざるを得ない状況となりました。

買い替えの際、新車か中古車選ぶことができますが、私は今回も中古車を選びました。

私が中古車を選ぶ際、理由としては大きく二つあります。ひとつめは、すでに生産されていない車を購入したいときです。

二つ目は、乗りたい車が新車だと予算が合わない場合、中古車であれば手が出せる価格になるといった点です。

今回は、年収500万円程度の会社員が新車の車と、マンションとを同時に購入するほど経済的に余裕がなかったので、いつも通り中古車にて買い替えという形をとりました。

私が、中古車を探す前に決めることがあります。それは、購入した中古車を先々転売するのか、それとも乗り続けるのかを明確にしていくことです。この目的を明確化しておくことで、最終的な判断で先々後悔をしないためです。

さて、具体的に中古車を探す際はどのような手順で行えば良いか、私が行っている手順をお伝えします。

私が行った中古車を買う際の手順

まず初めにインターネットの中古車販売サイトで気になる車種の年式、走行距離、相場感などをざっくりと調べます。

ある程度、自身の要望に合った車が見つかったら、大型の中古車ショップへ行って、同様の型の車を見てよりぐ体的なイメージをつけ候補を絞り込みます。

もし、この時に試乗りなどできるようであれば積極的にしてみるとよいと思います。
座席などに座っただけではわからない、運転時のメリットやデメリットなどが見えてくることもあります。

ある程度候補が決まったら、業界向けのオークションサイトで業者間の取引相場をチェックします。

このようなサイトは一般で公開されており、候補に挙げている車種(年式、走行距離、色など含む)がどの程度の金額で業者間で取引されているかがおおよそわかるからです。

これは、最終的な価格交渉や実際に購入店舗を選ぶ際の相場感(その店舗の価格が高いか安いかなど)を把握するためです。そこまで来たら、購入店舗探しを開始します。

既に何度か中古車の購入を行っているため、事前に業者は決まっていましたが、初めて購入を検討されている方は、安易に安そうなど価格面などだけでは選ばないでください。中古車購入店を選ぶ際に注意するべき点は、やはり保障面やサービスが充実しているかどうかが重要になります。

新車と違い、少なからず故障などのリスクはついて回るのは中古車の宿命です。このあたりの整備力、サポート面が信頼できる業者を選びましょう。

この点がかける業者に当たってしまうと、整備が行き届いておらず、事前に防げた故障などもあとから発覚し、修理費などを請求されることになりかねません。

親や友人などから信頼できるお店を紹介してもらうのが一番安心ができ、良いかもしれません。

購入店舗が決まったら、購入の目的や購入後のプランなども含め相談をし、最終的な車種選定に移りましょう。その際、ポイントがあり、車種だけではなく、カスタムしたいアイテムやパーツなどがあればすべて伝えるようにし、全体の金額を業者側に把握してもらいましょう。

価格交渉の際に、車体価格は引けないが、希望のパーツやカスタム工賃の割引などしてくれる材料にもなりますし、相手もあらかじめ購入者の予算がわかっていたほうが提案などもしやすく価格調整など前向きになってくれます。

少し、解説に話がそれてしまいましたが、私がこのときに購入を決めたのはトヨタのアルファードです。

夫婦二人なのであまり大きくなくてもいいのですが、大きい車が好きという理由とアウトドアによく行くので、便利なワンボックスを軸に探していました。

私が購入した中古車はトヨタのアルファード!

日産のエルグランドと迷っていましたが、最終的には先々買い替え時の転売などを前提に考えていたため、価格の下落率が低いトヨタのほうが良いと考え、アルファードに決定しました。

走行距離は60,000万キロ台で事故歴や大きな傷などもなく状態が良いものを選びました。

走行距離については、仮に4年後転売となった場合に10万キロの大台には年式からしても乗せておきたくない気持ちがあったので60,000キロ台という基準で選びました。

予算はもろもろ込みで150万円以内を想定していましたが、やはりオーバーするのが車選びの特徴です。

仕方ないので、ローンでうまく月々の支払を調整しようと3年の予定を4年で組むことにしました。

結婚当初は共働きのため、3年で完済を計画していましたが、万が一の資金繰りも考え、4年で組みました。特に問題がなければ3年目の最期に一括で繰り上げ返済をする予定です。

また、店舗で進められる自動車ローンは金利が高いものが多いです。その代わり、審査は通りやすいのですが、できることであれば銀行などで低金利のマイカーローンなど相談してみることをお勧めします。

自動車ローンは、以外に利息が取られるので少しでもコストダウンするように努めてみてはいかがでしょうか。

さて、中古車のみならず、車を購入したら自動車保険の加入も必ずしたほうが良いです。
保険会社を選ぶのも、購入店舗を選ぶのと同様に、価格だけでなく、万が一の事故や何かがあった時のために、

迅速な対応が取れる体制が取れている保険会社かなど確認することが大切です。

ネット保険などは、価格が魅力的な半面、体制が体制が整っていない保険会社などに当たってしまうと、連絡してもつながらないなど迅速な対応が取れず、困ることがあります。

自動車保険は、安いにこしたことはありませんが、万が一の時に確実に対応してくれるかどうかで選ぶことをお勧めします。アクサダイレクトなどの大手は、やはり値段相応にしっかり対応してくれますよ。

最後に、私は総合的に中古車の購入はおすすめしています。

やはり、一番のメリットは価格が新車に比べて安いということです。
これから中古車購入を考えているは、先にもお伝えした通り、中古車を選択して車を購入する目的をしっかり持ちましょう。

お金に余裕があり、新車を買えてしまうのであれば、そちらのほうが間違いないかもしれません。ただし、乗換をこまめにする方などは、中古車であまりお金をかけず乗り換えるのもよいかと思います。

中古車にした際は、やはり定期的メンテナンスはしっかりと行うことをお勧めします。

新車の場合は、ある程度ほっといても新しいという理由でもつこともありますが、本来、車はメンテナンスをして安全に長く走れるものです。新車中古車に限らず、メンテナンスをしっかりとして安全にカーライフを楽しんでください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA