ボンゴフレンディのオートフリートップを中古で買った感想!キャンプやアウトドアに出かけるならオススメの車です

bongo_02l
今乗っている車を購入したのは、10年以上前の話です。

夫は現在53歳で、家族は4人(夫、私、子ども2人)です。
夫の職業は公務員で、年収は当時約600万円でした。私のパート代を合わせて世帯年収は630万前後です。

前に乗っていた車のトヨタタウンエースがエンジントラブルで修理不能になったため、買い替えを検討しなければならなくなりました。

家族でキャンプなどアウトドアでのレジャーによく出かけていたので、車種としてはこれまで同様に荷物の多く積めるワンボックスカーを探していました。

中でも、ボンゴフレンディのオートフリートップ(屋根が持ち上がってテントになるタイプ)には、この車が発売された平成7年頃から興味を持っていました。

その頃新車は、250万円から300万円ぐらいしていたと記憶しているのですが、予算オーバーだったため、見送っていました。

その後、中古車を探すことになって、やはりボンゴフレンディのオートフリートップが欲しくて、マツダの販売店へ足を運んで調べてみました。

そのときも、新車は予算オーバーだったので県内の中古車販売店を回って探していました。

そして、マツダの中古車センターに何回目か足を運んだときに、今乗っているボンゴフレンディに出会いました。

このとき、年式などが同程度のオートフリートップのボンゴフレンディがもう1台あったのですが、シートアレンジの違いで3列目分割跳ね上げ式の方を選びました。

参考までに、この車は、運転席と助手席の背もたれを斜め前に倒して背もたれの後ろのオットマンを座面とすると、後ろ向きのシートができ、2列目の背もたれを前にペタンと倒してテーブルとして使うと4人掛けのラウンジ風の環境ができるという点も結構気に入っているところです。

また、3列目を跳ね上げるとかなりひろいスペースができますので、荷物を多く積むときにもとても便利です。

テントやクーラーボックスなどの大きなものも楽に積めますし、自転車なら3台は立てて積むことができます。いろいろなアウトドア活動にはもってこいの車だと思っています。

なお、この少し前にも、ほかの中古車販売店で1台展示されていたのですが、トランスミッションがマニュアルだったことと、何カ所かタバコの焼け焦げがあったことなどから見送っていました。

購入した車は7年落ちの車でしたが、ボンゴフレンディのオートフリートップはあまり中古車販売店で目にすることがなかったので、もっと年式の新しいものがいいなどと贅沢を言ってはいられませんでした。

また、走行距離は約5万キロ、傷や見た目などの状態は特に問題なかったこと、価格は約100万円で、当初の予算の範囲内であったことなどから、あまり迷うことなく決定しました。

ちなみに、排気量は2500CC、ディーゼルターボ、フルタイム4WDです。

買ってから、なんとかならないかなと思ったものは、寒冷地仕様であるため、バッテリーを2台積んでいることです。

交換時には同時に2台交換する必要があり、結構な出費となります。今でも、バッテリーを1台でも2台でも使えるようになっていればいいのにと思います。

当時はインターネットもあまり普及していなくて自宅にはなかったため、中古車販売店を回ることしかできなかったので、希望の車種を見つけるのが大変でした。
今ならインターネットで検索すればすぐに中古車が見つかりますので、ずいぶん便利になったと思います。

支払いは、比較的安くていい車が見つかったので、現金一括払いでなんとか対応できました。

自動車保険については、車に乗り始めた頃に親から紹介された地元の保険代理店で契約していましたが、途中からは職場の関係で某自動車共済を利用させてもらっています。

以前の保険会社と比較して、同程度の補償内容であれば保険料は安くなっていると思います。

これから中古車を購入しようと考えている人へのアドバイスのひとつとしては、なるべく欲しい車を絞り込んでおくことだと思います。

例えば、とりあえずミニバンが欲しいというだけでは、ネット検索しても無数の候補が示されることになります。

昔のように中古車販売店巡りをするのであれば、1件当たりの展示台数は限られているので何件か回るうちに、予算的にはこの程度のクラスかなとか、ある程度イメージが絞り込まれていたと思いますが、ネット検索では候補が多すぎて消化不良を起こしてしまうような気がするからです。

車種、年式、色、価格帯など決められるものがあれば少しでも絞り込んでおくとなんとか個別のデータを見ることがおっくうでない数だったり、次の絞り込み候補が選びやすかったりするはずです。

私の例のように、「ボンゴフレンディのオートフリートップ」とまで決まっていたら、特に今なら、ある検索サイトでは14件の候補しか出てきませんので、それぞれの詳細データをじっくりと見てもそれほどの負担はありません。

これがプリウスだったらそうはいきませんが、それでも、年式やグレード、色などで絞り込めばかなり絞り込めるはずです。
販売店の地域で絞るのもいいかもしれません。

私は自分たちの生活シーンや憧れなどから希望の車を決めました。とにかく、何かを参考に、こんな車が欲しいというイメージを作ってください。いい車と出会えることをお祈りしています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA