インプレッサSTI(GVB型)を中古車で購入した感想と購入理由。4ドアのスポーツカーの中で一番デザインがカッコいい

2012111003491012a
私は28歳の男性会社員です。年収は約400万円です。
インプレッサSTI(GVB型)を中古で購入した体験談を、今回、寄稿させていただきます。

両親との実家暮らしで、スポーツカーを購入するまでは、20歳のころに両親に30万円で買ってもらった「ダイハツ ムーブ」の中古車を乗り続けていました。

年式は平成11年式で、当時の走行距離は6万5千キロでした。

私は「イニシャルD」というスポーツカーレースをする漫画が大好きで、いつかスポーツカーを持ちたいという夢を持っていました。

19636

そのため、マニュアル車を運転し続けたいと思っていたので、乗っていたムーブもマニュアル車を選びました。

最近まで乗っていたのですが、前のオーナーからカウントして15年以上がたち、走行距離も15万キロを超えたあたりから、明らかなガタが出てきました。

夏に冷房が効きにくくなる、エンジンからカランカランという異音がする、冬にパワーウインドウが動きにくくなるなどの不具合が多くなり、キーレスも効かなくなってきて、乗っているのが不便になってきました。

大学を卒業し、実家暮らしを続けていたこともあり、家にお金はそれなりに入れていたものの、貯金はかなり貯まってきたので、この機会に新しい車に乗り換えることにしました。

私はかなりケチな性格であるからか、新車を買うという概念は当初から全く頭になく、年式が新しい中古車を探そうと考え、車を探すことにしました。

まずは、スポーツカーの中から車種は選ぼうと考えていました。
さらに、私の住んでいる地域は冬に雪が降るので、4WDの車がいいと思いました。

また、スポーツカーは2ドアである車種が多いですが、やはり、2ドアであると多人数で乗るときに、シートを倒さなければいけないこと、後ろのスペースが狭く、乗りにくいことがあったので、2ドアではなく、4ドアのスポーツカーにしようと考えました。

ここまでの条件だけでも数ある国産スポーツカーの中から、それを満たすのは日産の「スカイラインGT-R(R32~R34)」、三菱の「ランサーエボリューション」、スバルの「インプレッサSTI」の3車種となりました。

どれも日本の中でもトップクラスの性能を持つ車で、スポーツカー好きのあこがれとなる車です。
最新車種の相場は中古でも300万を超えていましたが、それだけの貯金もあったので、これらの中から選ぼうと考えました。

性能はどの車種もわずかばかりの差だったので、あとは見た目で、決めようと考えました。

その中でも、特にデザインが気に入ったのは、インプレッサSTI(GVB型)でした。

見た目で高級感があり、クーペ型に見えるデザインが、他の2車種と違った雰囲気が出ていて、良いと感じました。インプレッサと言えば青色がメジャーですが、高級感が際立つ黒にすることにしました。

通常のインプレッサとは全く違った雰囲気となってとても良いと感じました。

条件が決まったところで、インターネットの中古車検索サイトで車を探し始めました。

希少車種であるためか、条件にあった車は、いつも10件以内で、その中で気に入ったものはなかなか見つかりませんでした。

2~3か月ほど探し続け、めぼしい物件が出てきました。
その物件が東京にあるということで、実家のある富山から、電車に乗って東京にある中古車販売店まで、物件を見に行きました。

実際の傷の程度や、改造個所など、インターネット上の説明だけではなかなかわからなかったことが多くあり、特にスポーツカーの定番である「改造」に関しては、前のオーナーが数々の部分に手を入れていました。

改造といっても、もちろん車検に通る範囲内での改造で、例を挙げると、エアロパーツなどの外装や、インテリアアクセサリー、タワーロールバーやマフラーなど実際の走りに役立つ改造も多くなされていました。

スポーツカーはいじってなんぼの車なので、これだけ手のくわえてある車は、見ていてとても楽しかったですし、これだけの手を加えるためにかかった費用のことを考えると、その費用込みで、新車購入価格よりも安く購入でき、年式も2年前と浅く、走行距離も1万5千キロとまずまずの条件でした。

少し考えたのちに、こちらの物件に決めることにしました。

ここから、販売店との商談に入りましたが、こちらに関しては少し不快に感じる対応が多かったです。

まず、オプションを多用に着けた見積もりを出し、本来の表示価格よりも50万円以上たかい見積もりで請求してきたこと、その内容が、ガラスコーティングのみであったということでした。

営業担当者の方が言うには、特別なコーティングだと言っていましたが、コーティングだけで50万とは詐欺だと感じました。

また、インターネットでの広告では、10万円キャッシュバックと書いてありましたが、それはこの50万円のコーティングを購入したときのみの採用であること。

また、下取り車を最低2万円で下取ると書いてあり、確かに2万円でしたどってもらいましたが、見積書には、下取り手数料2万円が加えられていて、結局無料で引き取ってもらうという形になりました。

結局は、オプションを付けずに、購入しましたが、サービスの対応も明らかに不愛想で気が悪くなる経験でした。

購入した車の性能はしっかりしていましたが、たとえ不具合があったとしても、対応してくれたかどうかは疑わしいという感じでした。

スポーツカーの場合、中古でも300万以上する買い物になりますから、営業にうまく丸め込まれず、冷静に商談する事をオススメします。
希少性の高い車の場合、営業も上から吹っかけてくることも多いので、注意しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA