バイクを大学の後輩に売った時の話。個人で売却する時に必要な書類は?手続方法は?

dio19880121
私がバイクを買ったのはおよそ5年前です。
そして今現在ではバイクを使わない環境に住むことになり、置いておいても宝の持ち腐れにもなりますし、バイク自体もかわいそうなので、売ることにしました。

毎日使ってきたモノであるので愛着もあります。
私が使っていたのは、ホンダのDio・排気量は49・車種としては原付で、小型電動二輪車にあたります。

買った当時は新品で約19~20万で買いました。

このDioは小回りが効き、初心者にも扱いやすいモノで、燃費もよくお財布に優しいやつでした。

これに乗ってバイトや小旅行などに行き、様々な体験を共にしてきました。
小回りが効くことと、置き場所が小さくて良いと言うことはかなりの利点でした。

ちょっとした狭い小道も通ることが出来ますし、少しの悪路でも余裕です。

道が狭いような場所では重宝していましたし、小さめなので駐車しても他の人に迷惑になりにくい点も優秀でした。

それに、ちょくちょくメンテナンスはしていますが、故障とかは縁がないほど壊れにくいように感じました。初めて手にしたバイクとしては最高のモノであったと考えるほどです。

ですが、現在使える状況にないので、こいつを売って、他の誰かにもっと使って貰おうと考えました。
バイクの買い取りの査定に出したところ、約12,000円の値段がつきました。

私は少し安いなと感じ、こいつの価値はこんなもんじゃないと思ってしまいました。

そして、他の場所に買い取り査定をして貰ったところ、10,000~20,000円の範囲にしかなりませんでした。
さがす場所としては、バイクを必要とする人が多い場所に持って行くと言うことです。

そうすると、移動手段の多い場所に比べて多少ではありますが買い取り金額は上がりました。

そこで、移動手段をすぐに求めており大事にしてくれる人を探すことにしました。

まずは後輩などに聞いてみることにしました。
そうすると、学生の移動手段として安い値段で買いたいと言う方が現れました。

すこしでも、見た目が良いようにとカラーリングを自分ですると言い。値切ってきたのです。この人なら大事にしてくれそうだなと思い、20,000円で売ることにしました。

個人でバイクを売る時に必要な書類

ここで問題なのが、書類が必要だと言うことです。

バイクを売却する私が用意するモノは、廃車証明書・自賠責保険証明書・譲渡証明書です。
買う側の書類もあり、軽自動車税申告書並びに標識交付証書・身分証明書・印鑑・車体番号の石ずりです。

簡単な流れを説明します。一度、バイクを廃車にしないと個人売買が出来ないのです。バイクを廃車にするには標識交付証明書・ナンバープレート・印鑑が必要になり、これらのものを持ち市役所等の役所でバイクの廃車手続きを行います。

バイクの名義変更手続きのやり方

次に必要なのは名義変更です。

それにはナンバープレート・標識交付証明書・印鑑・廃車証明書・譲渡証明書・自賠責保険証・軽自動車税申告書並びに標識交付申請書・身分証明書・石ずりが必要になります。

難しく書きましたが、簡単に言うと廃車にする廃車証明書を相手に渡す(相手の方がナンバー取得)ナンバーと書類を持って確認後に車体を渡す。これだけです。

自分の大切な相棒であったので、最後まで面倒を見るべきかなと、手続きを全部自分の手で行いましたがなかなか骨が大変ではありました。

今現在では私のバイクは学生さんが利用しており、譲って貰ってありがとうございます。などと言われ、満足できる結果になったと思っています。お店で売買したら、このような体験などが出来なかったとも思います。

ただ、個人間の売買にはいろいろと問題も生じたりすると言う話は良くある話ではあるのでよく確認してから、お互いに不備が内容に気をつけておいた方が良いと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA