出産時に費用がかかる吸引分娩をしたけど、こくみん共済医療型保険(月1800円)に助けられた体験談

mother-daughter-love-sunset-51953-large
30歳主婦
家族構成は夫(31歳)、私(30歳)、息子(2歳)の3人家族。

世帯年収は500万円弱くらいです。

私は現在は専業主婦(クラウドワークなどパソコンでの在宅ワークで少しだけ収入はありますが、定職はないので専業主婦と書いています)ですが、以前は正社員、パートなど、大学を出てからいろいろな働き方をしていました。

就職をはじめ、結婚・妊娠・出産・退職など、ライフステージがいろいろと変わってきた数年間ですが、保険はずっと同じものに入りつづけています。

保険には詳しくないので、見直すきっかけがなかったという言い方が正しいかもしれません。

もっといいプランや保険会社があるのかもしれませんが、今のところも、月々の掛け金がそこそこ安く、必要時にはしっかりと戻ってくるので満足しています。

現在入っている保険は、全労済の「こくみん共済」の医療型保険、月々の掛け金は、約1800円です。

保険に加入する手続きをしたのは、私ではなく、母です。

お恥ずかしい話ですが、大人になっても保険のことなど無知などころか、なにも考えてなかった私のために、入ってくれたように思います。なので、母の中でよいと思ったプランなのだと思います。

母は、はじめは保険料を払ってくれていましたが、私が結婚をしたことで、世帯が変わり、保険料を自分の口座から払っていくことになりました。

きっと、そのことも見越して、月々の掛け金が安くて払いやすいものを選んでくれていたのだと思います。

また、まだ20代であって、持病などもなかったので、死亡保障などより、医療に力をいれたプランにしてくれたのだと思います。

こくみん共済の保険にもいろいろな種類があるようですが、私のような20~30代くらいの女性には、医療タイプの保険がおすすめです。

他社ですが、女性特有の疾患などにつよい保険もあるので、心配事があればそちらも比較されると良いと思いますが…。

現在入っている保険は、入院や医療処置で、かかった費用がもどってきました。私は、過去に2回医療費を受け取ったことがあります。

一度目は、胃腸の調子が悪く、1週間ほど入院をした際でした。このときは、手術などはしていませんが、脱水がひどく、24時間持続点滴などいろいろな処置や検査をしてもらいました。なので、入院日数分の保険料が戻ってきたのはとてもありがたかったです。

入院は、個室などにするとお金がかかるとか、手術をするとお金がかかる、と思われがちだと思います。

実際そうですが、大部屋で、点滴や投薬など(その他は自力でぜんぜん生活できるレベル)でも、日数がかさめばかなり大きな金額の請求がくるということがわかりました。保険に入っているのいないのでは、ぜんぜん違います。

二度目は、出産時です。妊娠や出産は、病気ではありません。なので、通常の健診や処置では、保険の対象にならないときいたことがあります。(自治体でもらった妊婦健診のクーポンや、出産一時金などの公的な補助にもずいぶん助けられましたが。)

しかし、妊娠の経過も順調で、出産も自然に進みかけていても、何が起こるか最後までわかりません。

私の場合は、自然分娩に向けてで何時間も(丸一日以上)陣痛に耐え、いざ生まれそう、となった時に、医療のお世話になることになりました。

赤ちゃんが下りてこず、吸引分娩に変更になりました。

本来であれば、「こんな処置をしようと思いますが、費用はいくらくらいかかりますが、どうしますか」などのやりとりがあるのでしょう。(産婦人科の話ではなく、一般的に治療や処置の方針を決める際の話です。)

しかし、私の場合は、まさに出産間際、答える気力も体力もなく、長引けば母子ともに危ないという状況での、緊急の措置となったのでしょう。

担当の産科の先生から、吸引措置をやっても良いか、くらいの確認はあったかもしれませんが、正直覚えていないし、NOとも言えなかった状況だったと思います。

無事子どもは生まれ、母子ともに大丈夫でしたが、やはり、吸引という医療行為をおこなったことによって、数万円の加算がありました。

この時、医療保険が役に立ったのです。

出産は病気じゃないから、だめかな?と半ばあきらめていたのですが、一応、全労済の担当の方に質問をしてみることに。すると、領収証を送ると、しっかりと吸引措置分の保険料をいただけました。(約20000円ほどもどったと思います。)本当にありがたかったです。

もし、二人目出産の際なども、何か起こってしまっても、医療行為のお世話になった場合、少なくとも費用のことは心配しなくても良いのだと思えていることが、とても心強いです。

すべての出産の際の医療に対応しているかはわかりませんが、この時も、保険に入っていて本当に良かったと思いました。

私自身、子どもが生まれ、正直、保険を見直した方が良いのかなと思うことは時々あります。

しかし、これまで長くかけ続けてきていて、いざというときしっかり対応をしてくれるいまの保険は、信頼できるのでこのままでも良いかなと感じています。

良いと思う理由は、電話対応などがとても丁寧なこと、そして、お金を払ってくれる際も対応がとても早く、書類の一つ一つもわかりやすい、ということが大きいです。

やはり、どんなに充実したプランでも、保険会社に連絡をする時というのは、いわゆる「何かあった時」でしょう。

その「何かあった時」にどのような手続きをしたらよいのかわかりやすく、電話をしても担当者が不親切でわかりづらい、などデメリットが合ってはいけないと思います。スムーズに事が運ぶのが大切だと思っています。

自分で入った保険ではないですが、ライフステージに合わせて保険の内容を変えて行ったりもできる、今の保険は続けていきたいと思います。

保険選びは、どんなに内容が充実していても、まず毎月無理なく払うことができないと、いざという時のためにならないと思うので…。

また、今は子どもはまだ保険に未加入ですが、加入を検討する際には、まずはこちらに聞いてみようかなとも思っています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA