年収500万で埼玉県川口市の中古マンションを1600万で購入した体験談。長谷工のマンションで3LDKです

私は25歳の女性で、主人と1歳半になる息子との3人暮らしです。
仕事はせずに専業主婦をしています。年収は主人の収入のみで500万円程です。

マンションを購入する前は、3階建てのアパートに住んでいました。
入籍してすぐにそのアパートに住みはじめ、更新を機に2016年にマンションを購入しました。

購入しようと思った理由は更新の年だったことはもちろん、2人目の妊娠が発覚したのがきっかけです。アパートにはエレベーターがないので、妊娠中にまだ1歳の息子を抱っこして階段を登るのは危ないという主人の優しさからでした。

埼玉県川口市にある長谷工の中古マンションを購入しました。駅からは少し遠く20分ほどかかりますが、車があるので駅までの近さはあまり考慮しませんでした。間取りは3LDK、階数は3階です。

築年数が20年以上なことと、駅から遠いということから1600万円とかなりお安く購入できました。
アパートは賃貸だったので、住宅ローンを組むのは初めてでした。息子に通わせたい幼稚園、小学校、中学校まで決めていたので、その学区内で探すことが第一条件でした。

初めての家選びでどうしたらいいかわからなかったので、とりあえず夫婦でお互いの両親に相談に行きました。

そこで、私の両親がマンションを買ったときにお世話になった不動産会社を教えてもらい同じ不動産会社でマンションを購入することに決めました。母いわく、年代が違うので今はどうなっているかわからないけどとても丁寧で安心して任せられたとのことでした。

実際行ってみると、母の言っていた通り丁寧に対応してくださいました。予算以上だけど捨てがたいものがあって悩んでいると、値下げ交渉なども積極的に行ってくださるなど、買い手側の気持ちを汲んでくださって本当に安心しました。

もし、身近に不動産会社に詳しい人や実際に家を購入したことがある人がいるならば、評判を聞いて紹介してもらうといいと思います。行き当たりばったりで失敗するのがいちばん怖いです。

「○○さんから紹介されました。」などと言うと、不動産会社の方もより大切にしてくれるように感じました。

私たちは途中から実は母の紹介だと言うと、それまで以上に積極的に話を進めてくださった印象があります。学区の次に譲れなかったのは間取りです。

将来的に子供は3人欲しいと考えているので、子供が増えても問題のない間取りが希望でした。子供1人に1部屋+夫婦の寝室と考えると4LDKは欲しいところですが、4LDKのマンションは数が少なくどれも高額で予算オーバーだったので諦めました。

担当の方が、子供1人の部屋を確保するよりもリビングの広さを優先して家族団らんを大切にした方がいいとアドバイスをくださり、その通りだなぁと感じたので簡単に諦めがつきました。

購入を決めたマンションはどの部屋も6畳以上あるので、子供が同姓ならば2人でわけて使ったりと工夫次第で住み心地のよい子供部屋をつくってあげられると思いました。

そして何より希望していた学区内のマンションだっので、ほぼ迷わず購入を決めました。実際に住んでみると、2DKのアパートからは比べ物にならないくらい広く感じます。

子供が小さいせいもありますが、我が家は物が少ないのでかなりすっきりした部屋になっています。

将来子供部屋にする予定の2部屋は特に物が少なく、ほとんどリビングで生活しているので今の時点では少しもったいなく感じていますが、息子たちが大きくなったときにはしっくりくるようになるんだろうなぁと今から成長が楽しみです。

まだ引っ越したばかりなので不満という不満は特にありません。
ですが、築年数が古い分新築マンションとは違ってマンション自体の華やかさはありません。

強いていうならばその見た目はいまいちかなぁというくらいで、中身はリノベーションされているのでほとんど気になりません。住宅ローンは主人の給料が振り込まれる銀行で組みました。

今は低金利なので10年固定金利で1.2%ほどでした。ローン審査はやはり勤続年数が重要な気がします。

主人は転職してから3年でのマンション購入でしたが、転職前と職種が同じだったので、スキルアップやお給料アップのためという理由にするとローンが通りやすくなると不動産会社の担当の方から教えてもらいました。

頭金はまったくないのは不安だったので、微々たるものですが300万円用意しました。

今は、購入前に住んでいたアパートとほぼ変わらない料金でローン返済ができています。アパート住まいのときと違うのはマイホームという安心感です。

子供が部屋を汚そうが暴れようが、人様のものという意識がないので気が楽です。ただ、購入した家はいずれ資産になるといいますが我が家は現時点ですでに築20年超えなのでローン返済が終わる頃にはほとんど価値がありません。

建て替えをするにも、賃貸に戻るにも結果的にお金がかかるのでその点の安心感はないです。
一生賃貸と出費がほぼ変わらないのかもと思うこともあります。マンションはローン返済の分だけではなく、管理費や修繕積み立て、駐車場代とほかにかかるお金がかなりあります。

固定資産税も毎年十数万支払わなければなりません。

ローン返済額のギリギリでマンション探しをしてしまうと、あとあと苦しくなってきてしまうので、ローン返済額+30000円ほどで支払額の計算をすると安心です。

賃貸と違って、簡単に住み替えはできません。
自分たち家族にとって何が最重要事項なのかきっちり家族で話し合ってから購入に臨まないと、ケンカのきっかけにもなりかねません。私たち夫婦は、たまたま学区の希望という条件が同じ立ったのでスムーズに進んだと思います。

マンションを購入するにはそのような事前の準備がかなり必要です。今はインターネットさえあれば色々と調べられる時代です。

私はマンションを購入した人たちが集まる情報交換掲示板や、家選びのプロに相談できるサイトなどを利用して自分が納得できるまで質問したり相談したりしました。色々と考えてしまうことはありますが、やはりマイホームがあるのいうのは気持ち的に余裕ができるものです。

考え抜いた私が言うのも説得力にかけるかもしれませんが、考え過ぎてしまう前に物件の見学に行ったり、現場で話を聞くと新たな可能性が見つかるかもしれないので、まずは足を運んでみるといいかもしれません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA