プレオが中古100万円で買えた話。自損事故を起こした事故車でしたが傷がある程度で問題なく乗れました

子供が幼稚園に入り、妻が時間的に余裕が出来たので、パートで仕事に就く事となりました。
結婚前に妻が乗っていた車は、子供が生まれてしばらくしてから、車検が切れたので廃車にしました。

私の父親の車があり、父親は定年退職となったので、車はあまり使わなかったので、妻がその車に乗っていました。

しかし、いざ子供が幼稚園に行くようになると、送り迎えで私の父親も車を使うようになり、どうしても妻が必要になりましたので、いろいろ相談して中古車を探すことにしました。

まずは私の車をいつも買っているスバルにいきました。
そのとき担当のセールスの方はいませんでしたので、一人で中古車の展示場をみていると、値札は付いていませんが、走行距離の異常に少ないプレオがありました。

走行距離はまだ100kmくらいでしたので、そばにいたお店の人に車の値段を聞いてみました。

すると、その車はその店とは違う店で売ったばかりですぐ事故に遭い、販売店と買った人で新しい車をもう一台買ったために、その店で修理をし中古車として売ろうとして準備をしていたそうです。

事故と言っても自損事故で、運転席側の後ろのドアとリアフェンダーが大きくキズついた程度との事でした。

実際に修理してあった展示車では、事故の痕跡は全くありませんでした。ただ、リアのアルミホイールがキズだらけであったことが事故の証拠のようでした。

すぐにその店員にその事故車をほしいことを伝えました。お店としても事故車なのですぐ売ってしまいたいようで、商談を始めました。

値段についてはスバルの方でも、新しいもう一台のプレオは保険で処理したそうですので、そこに展示している事故車の修理費がもらえればそれでいいとの事でした。

修理には80万円くらいかかったそうです。そのためこちらからは新しいホイールと、スタットレスタイヤを付けてもらえるのであれば、諸経費込みで100万円くらいでいいと話しました。

そのうちに私の担当のセールスの方が戻ってきたので、担当者と話を進めました。すると、店長に確認してもっと安く出来るかもしれないと言うことでしたので、その日はそれで帰りました。

後日、担当者から連絡があり、ホイール、スタットレスタイヤ、カーステレオをつけて、諸経費も含めて88万円でどうかという話でした。かなりお得なのですぐに話を決めてしまいたいので、スバルのお店に行って詳しい商談をしました。

その中古車は前のオーナーさんがフル装備でほとんどすべてのオプションを付けていたようで、事故を起こしてから新しい車に移せるものはすべて移したようで、オールインワンのカーナビは取り外されていました。

中古車にはオーディオ関係はすべてありませんでしたので、カーステレオは新しく付けてもらいました。

さらにリモコンエンジンスターターは移せなかったようで、中古車の法にエンジンスターターが着いたままでした。

これだけの装備がつき、走行距離が100km位の中古車が87万円はお得だと思い、その場で契約しました。
お店としても早く処分したかったようで、修理してからガリバーなどの中古車専門店に売る予定だったそうです。

事故車であるし、売ってすぐに事故に遭い、お店と買い主で折半して新しい車を売ったことはあまり公にしたくないようでした。

私はそこのスバルで2台の車を買っていたので、ある程度信用されていたようでしたので、特別に売ってくれたようでした。

実際にその中古車に乗ってみて、事故車ではありますが、どこも問題なく走っています。また、装備もいいので非常に満足しております。もちろん外見のキズや修理あともありませんので、言わなければ、事故車であることは分かりません。

リモコンエンジンスターターも冬場はとても重宝しています。こちらは雪国ですので冬場の暖機運転は欠かせません。リモコンエンジンスターターがあれば家の中からエンジンをかけられますので、こんなに便利なのかと思いました。

いままでリモコンエンジンスターターの着いた車に乗ったことがなかったので、感激しました。また、サイドミラーにも熱線が入っており、雨の日の水滴を乾かしたり、冬の凍結もすぐに溶かすことが出来ます。

あとで店の人にこれだけのオプションを付けた新車はいくら位するか聞きましたが、最低でも本体価格にプラス30万円位すると言われ、この中古車がだいぶお得だと実感しました。

たまたま、この事故車が中古車の展示場にあるときにスバルのお店に行っていたことも良かったのですが、結構、担当のセールスさんとも仲良くしていたので、このような好条件でいい中古車が変えたと思います。

普段からあまり値切ってばかりいて印象が良くないと今回のような条件は出しませんよ、とも担当者や店長さんにも言われました。お世辞かもしれませんが、そう言ってもらえるとうれしい物です。

普段からの人付き合いもおもわぬところで生きてくる物だと感じました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA