予算30万円で良い車を買うなら事故車がオススメ!傷がついた程度の自損事故なら走行にまったく問題なし!

私は35歳の主婦で、小学生の子供が二人おります。私が中古車を購入することに決めたきっかけは、そもそも新車で購入し10年以上乗っていた車が、急に壊れてしまったからです。

こんなに長く乗るつもりではなかったのですが、車がほしいと思う時期と収入が不安定な時期がちょうど重なってしまい、ついに10年を超えてしまったのです。

今度も車検をとるしかないかな、と思っていた矢先に、エンジンが故障してしまいました。ほかの個所ならばちょこちょこ直せば何とか乗れたりしますが、なんといってもエンジンは修理代もばかになりません。

試しに車屋さんに相談してみたところ、「ざっとみて30万以上はかかってしまう」と言われ、30万あれば中古車ならなんとか乗り換えることができるのではないだろうかと考えるようになりました。

試しに、中古車のサイトや中古車販売店などのホームページを見てみたところ、安ければむしろ30万円で購入することができるような車もありました。

店においてある車についている一般的な値札は、あくまで「車両本体」のみで、そのほかに諸費用が数十万単位でかかるようですが、中古車販売店ではそういった諸費用も含んだ込々で乗れる「乗り出し価格」がついている車もあったのです。

新車を買うよりはと思い、とりあえずは近所の中古車販売店へ足を運びました。価格は本当にピンキリで、車両本体が数万円のものから、中には500万円を超えるようなものまでさまざまでした。

主な車の使い道は、私自身の通勤車両とすることのほか、子供の習い事の送り迎えで使うことがほとんどであったため、ある程度の広さがありながらもコンパクトにまとまった車がよいと考えていました。

本来ならばノアやボクシーといった、いわゆるミニバンがほしかったのですが、普通自動車は購入後の維持費が軽自動車に比べて高くつくことから、軽自動車に的を絞って考えていました。

日産のデイズルークスや、ホンダのNボックス、さらにスズキのスペーシアや、軽ミニバンの一番人気、ダイハツのタントなどを見るつもりで中古車を見て回っていましたが、その中で気になる中古車に出会いました。

というのも、いわゆる「新古車」と書いてあるものです。はじめはよく意味が分かりませんでしたが、ようするに登録はしたものの、実質乗っていないという新車のような中古車のことです。

自動車は家などと同じように、登録した時点で価値が下がり、中古車となってしまいますが、実際にはナンバーだけはついているけれども、ほとんど乗っていないという車がたくさんお店には並んでいたのです。

私はこの新古車を欲しいと考え、いくつかさらに中古車販売店をまわりました。

いろいろな方と話をしていくうちに気付いたことは、普通自動車は登録してナンバーがついた時点でかなり安くなるため、お買い得ですが、軽自動車に関しては数年たってもあまり価値が下がらない、あるいは下がっても非常に緩やかに下がっていくため、新車と新古車にほとんど値段の差がないという実態が見えてきたのです。

ここまで新古車なら新しい車が買えるのではと思っていた私にはショックな出来事でしたが、中古車販売店の一人の営業さんが、「新車のような事故車なら、格安で距離の短い車が買えますよ」と教えてくれました。

事故車と聞くとふいに不安になってしまいましたが、その方が言うには「事故車といっても、購入後すぐにぶつけたりぶつけられてしまう不運な車も、お客様が思っている以上にたくさんあるんです。そういった車を板金で直し、事故車の中古車として販売していることがあります。

一見不安に思うでしょうが、事故というのはぶつけた個所によって安全性もかなり変わってきますよね。例えばぶつかったのがフロントや屋根であれば、それは買うべきではないでしょうが、横からというようにぶつかった場所によっては走行にほとんど支障のない、ただのへこみの場合があるのです。

しかし、表現上はこの状態であっても十分事故車になってしまうのです。」そういった話を聞いて、私はなるほど、と思いました。

そしてただのへこみを直しただけであれば、新車のような中古車に乗ることができるのならば、それがいいと思ったのです。営業さんは「あくまで縁起を気にしない方であれば」という注意事項も付けてくださいましたが、私にはそれしかないと思い、結果としてその営業さんにそういった新車のような事故車を探してもらうことにしました。

大体一週間後でしょうか?営業さんが名古屋の中古車屋さんから左側から少し小突かれただけの事故車を見つけてきてくださいました。すでに板金修理はしたらしく、素人の私には傷はよくわかりませんでした。

しかし、今年登録されたばかりの車で新しいこと、さらにはその車の走行距離は驚くことに約2000キロだったことから、私はこの車を選ぶことにしたのです。

こうして手続きを取ってもらい、約三週間後に納車してもらった愛車は、ぴかぴかでまだほのかに新車の香りが残る車内でした。結果として私の心もお財布も満足いく買い物ができました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA